2018年02月11日

うろうろアートとお散歩

今回は京都市立美術大学の作品展を観にお出かけしたアートでござ〜る、でもちょっといつもとはちがう様子で寒空の下うろうろとすることになってしまいました。
毎年、いろいろな学科の学生さんたちの作品が、京都市美術館に所狭しと並べられ、そのボリュームと若い作り手のパワーに圧倒されるのですが、今年は美術館が改装工事中のため大学、美術館別館、そして京都駅近くの元小学校にわかれての実施なのでした。大学までは移動に時間がかかるので、美術館と小学校を観て回ったのですがスペースの問題からか作品数が思いのほか少なく、さらっと観終わってしまったのでした。
でも子どもたちは作品ひとつひとつを興味深く見てくれていました。未来の都市をイメージしたビルの模型には、ひょっとすると自分たちも住むかもしれない未来を投影しているようでした。でもいつも子どもたちに受けるのは、触れる作品や映像作品、インタラクティブなものなどです。やっぱり遊びの延長で見ているから、もしくは何でも遊びにしてしまう子どもの本能からなのでしょうね。
京都駅近くでずいぶんと時間が余ってしまい、京都タワーに登ってみたり、駅ビルの大階段を駆け上がって屋上庭園でおやつ食べたり、空中回廊を散策したりと、三連休でごった返す京都駅をうろうろとする羽目になったのですが、タワーの望遠鏡であべのハルカスを探したり、目の下の京都水族館のイルカショーを見たり、プレイスクールはみえないかと探してみたり、たわわちゃんにも会えたりしてそれなりに楽しめたのでした。駅ビルでも大階段の大きさや、空中回廊の高さや駅ビル自体の大きさを身をもって感じることもできたいちにちとなりました。寒かったけど面白かったね!

180211-01.jpg 180211-02.jpg 180211-03.jpg 180211-04.jpg 180211-05.jpg 180211-06.jpg 180211-07.jpg 180211-08.jpg 180211-09.jpg 180211-10.jpg 180211-11.jpg


posted by フーチン at 21:00| アートでござ〜る

2017年02月12日

作り手いっぱい、作品どっちゃり!

京都市美術館一階の大広間に入るといきなりでっかい作品が所狭しとと並んでいます。高さ四メートルはあろかという鉄骨に支えられた作品に子どもたちのテンションも上がります。朝いちばんということもあり、巨大な透明ビニールの気球のような作品は布団乾燥機で膨らまし中、そこに子どもたちみんなで入られてもらったりしました。砂場のように遊べる作品ではひとしきり遊び、部屋の片隅にあるディスプレイに映し出される映像作品に見入る…おーい、そろそろ次の部屋に行かないと時間なくなるぞ!
次の部屋も二階にもとにかく学生さんたちのいろいろな作品がどっちゃり並んでいましたが、子どもたちが好きなのは立体作品、触れるもの、乗れるもの、入れるもの、暗がり、ひかりもの…というわけで、伝統工芸や絵画などはスルーなのでありました。たくさんの作品をみて心はお腹いっぱいになったものの、ほんまもんの胃袋は腹ペコになったので美術館裏手の池のほとりでお弁当タイムにしました。
午後からの予定は子どもたちに話し合って決めてもらいました。動物園、京都大学総合博物館、マンガミュージアムという選択肢でしたが、これがなかなか決まりません。動物園は臭いからイヤとかマンガミュージアムはとにかく嫌っ!と嫌なのはわかるけど、では自分が行きたいところがどれだけ魅力的なのかをプレゼンして、人を巻き込むといったことはできず、すったもんだの果てに多数決という安易な決定方法となったので京都国際マンガミュージアムに決定したのでありました。
地下鉄をちょっいと乗り継いでやってきましたマンガミュージアム。さすが日曜日、そしてさすがクールジャパン、館内は人だらけで座る場所もないほど、そしてさまざまな言語が飛び交う国際色豊かな空間なのでありました。しかしここはとにかくマンガだらけで、あまりの多さに取り付く島もない状態、結局は自分が読んだことのあるコミックを手にしてしまったりするのです。
というわけで、美術館の後にマンガ読んだ子どもの心にアートの何が残ったのかちょっと心配になったアートでござ〜るでありました。

170212-01.jpg 170212-02.jpg 170212-03.jpg 170212-04.jpg 170212-05.jpg 170212-06.jpg 170212-07.jpg 170212-08.jpg 170212-09.jpg 170212-10.jpg 170212-11.jpg
posted by フーチン at 23:59| アートでござ〜る

2016年10月23日

芸術の秋だ!

ワンダーキッズのサイクリングで"スポーツの秋"、そして今回のアートでござ〜るで"芸術の秋"ってわけで、今日は近江八幡市で開催中の「びわこビエンナーレ」に突撃です。参加者5名と少なかったので、プレイスクールからワゴンで現地までひと走り、おかげでゆっくりと観る時間をとることができました。
10の会場にさまざまなアーティストの作品が展示されています。子どもたちも最後までしっかりと興味を持って観てくれました。やっぱり子どもたちに人気だったのは、インタラクティブな作品でスクリーンの前で鈴を鳴らすと画像が動くものや、体験型の作品で屋内にゴンタローのネットのように針金であんだネットが吊り下げてあり、それをよじ登れるという公園の遊具のようなものが大人気でした。それ以外にも地下水を入れた長い水槽がコの字がたに配してあるもの、塩をつかって広い床に波模様のようなものが描いてある作品などホントに驚きの連続でした。もちろん意味不明の作品もあまりしたが、わかるとかわからないとかではなく、その作品と対峙してみる経験がアートなのかもしれません。
いやぁ〜、アートってホントに面白いですね! 

161023-01.jpg 161023-02.jpg 161023-03.jpg 161023-04.jpg 161023-05.jpg 161023-06.jpg 161023-07.jpg 161023-08.jpg 161023-09.jpg 161023-10.jpg 161023-11.jpg 161023-12.jpg 161023-13.jpg 161023-14.jpg 161023-15.jpg 161023-16.jpg 161023-17.jpg 161023-18.jpg 161023-19.jpg 161023-20.jpg 161023-21.jpg 161023-22.jpg
posted by フーチン at 17:30| アートでござ〜る

2015年09月27日

マカフシギ・ルネ・マグリット

 今回のアートでござ〜るは、独特の絵の世界を持つルネ・マグリット展に行ってきました。ちっょと不思議な世界をたくさんの子どもたちに見てもらいたかったのですが、この時期は運動会真っ盛りで参加者は3名だけというファミリーな感じとなりました。
人数が少ないので、せっかくだから切符を買うところからみんなといっしょにしたり、美術館の道も駅にある地図を見ながら考えてもらったりできました。ケガのコウミョウってとこかな。
 京都市美術館では、マグリット展と並行してルーブル展も開催されていて、さすがにルーブル展の方は開館時間の朝9時にはすでに長蛇の列ができていましたが、マグリット展はコアな客筋(?)しか来ないのか、比較的すいていてゆっくりと見ることができました。
初期から中期の作品は観念的で難解なものが多く、子どもにとってちょっととっつきにくいのですが、それでも自分なりの見方をしてくれていました。絵の見方などというものは各自それぞれで、今回も三者三様、ひとつずつじっくりす観ている子がいれば、興味のないものはすっ飛ばして面白いと感じた絵の前には座り込んででも見ている子、自分なりの解釈をしながら楽しんでいる子…そう、基本的にはオモロイ・スゲー・ドーナッテンノ?でいいと思います。
 今回、実は美術館って子どもに優しくないってことに気がつかされました。小さい子どもの視点から絵を見ると、ライティングの関係で絵の上部に光が映り込んでまったく作品が見えないのです。離れると前に立つ大人で絵が見えないし、近づくと光って見えない…学芸員のみなさん、未来の日本のアートシーンをけん引するかもしれない(?)子どもたちのために智慧をおしぼり下さいませ!
 マグリットのあとは地下鉄に乗って、国際京都マンガミュージアムに遊びに行きました。たくさんのマンガがあるのですが、元小学校を改装した施設のあちらこちらに本棚があるので、自分のお気に入りを探すのはたいへん! 検索システムもあるのですが…結局、子どもたちは自分が知っているマンガを見つけては読んでいました。あれだけマンガが並んでいるとまだ見ぬ知らない世界と出会うのもなかなかたいへんですね、あっというまに二時間ほどがたっていました。帰るころにはミュージアムのグランドにはたくさんの人たちが寝そべりながらマンガを読んでいるという、実に平和な光景が展開されていたのでした。

P9270116.JPGP9270118.JPGP9270123.JPGP9270124.JPGP9270128.JPG
posted by フーチン at 23:00| アートでござ〜る

2015年04月26日

キッズ・ミーツ・ザ・アート

美術館と動物園。あ〜近くにあってよかったぁ〜っ!

150426-01.jpg 150426-02.jpg 150426-03.jpg 150426-04.jpg 150426-05.jpg 150426-06.jpg 150426-07.jpg 150426-08.jpg 150426-09.jpg 150426-10.jpg 150426-11.jpg 150426-12.jpg 150426-13.jpg 150426-14.jpg 150426-15.jpg 150426-16.jpg 150426-17.jpg
posted by フーチン at 22:00| アートでござ〜る

2013年09月29日

お弁当タイム!

動物園ではスタンプラリーを
楽しみまして、景品ゲット☆
ただ今美術館でお昼ご飯中!

130929-03.jpg 130929-04.jpg
posted by フーチン at 15:15| アートでござ〜る

蹴上のインクライン

動物園の前にインクラインあるいてきました!
さぁいよいよ動物園だ!

130929-01.jpg 130929-02.jpg
posted by フーチン at 15:14| アートでござ〜る

2011年11月03日

木津川アートでござ〜る!

いよいよ11月突入、季節は秋まっただ中、そしてゲージュツの秋であります。今日、文化の日に格調高く行われたアートでござ〜るは、昨年から始まった「木津川アート」を見に出かけたのでありました。
しか〜し、どこでも行事が目白押しだったためか参加者は4名だけという、少数精鋭にもほどがある少なさ、でもおかげでワゴンでビュンと楽々お出かけと相成りました。
まずは今年初めて会場となった加茂エリアへ。壁一面に紙で作った虫が1万匹ほどもつけられているという作品や顔つきのヘルメット、部屋中に紙がつりさげられまるで迷路になっているような作品、風が吹くと音が出る作品など次々に面白いアートと出会えるのであります。そして街自体がまた面白いのです。あちこちに現れるモジャハウスや古い町並みもまた作品のひとつと言えるかも知れません。
お昼ごはんは木津川の河原でいただき、われわれもアートを作ろうと河原の石を積み上げて遊びました。案外これが一番楽しかったりして…。
お昼からは車で木津本町エリアに移動。市役所の中でいきなり螺旋形のシェードがぶら下がっていたり、でっかいパンダが動いてたり、屋外には巨大なクワがアスファルトにささっていたり…とにかくなかなかのもんであります。
去年に比べると作品数も多いように感じますし、作品自体のレベルもアップしているように思いました。回を重ねてこの地域がアートの発信地になると面白いなぁ!

木津川アートは11月13日(日)まで実施されています。ぜひ遊びに行ってみて下さい。
http://www.kizugawa-art.com/

111103-01.jpg 111103-02.jpg 111103-03.jpg 111103-04.jpg 111103-05.jpg 111103-06.jpg 111103-07.jpg 111103-08.jpg 111103-09.jpg 111103-10.jpg 111103-11.jpg 111103-12.jpg 111103-13.jpg 111103-14.jpg 111103-15.jpg 111103-16.jpg 111103-17.jpg 111103-18.jpg 111103-19.jpg 111103-20.jpg 111103-21.jpg 111103-22.jpg 111103-23.jpg 111103-24.jpg 111103-25.jpg


posted by フーチン at 18:00| アートでござ〜る

2011年09月25日

カマキリに感謝

そんなわけで、アートでござ〜るとして「田んぼのアトリエ」を見に行ったわけであります。行きはよいよいで三田までは1時間半ほどで到着、帰りはさすがの3連休の渋滞にはまって解散時間を若干過ぎて帰ってきました。
新宮晋さんの作品はどちらかというと大人向けな印象があります。子どもは不思議さとか動きの優雅さなどはあまり感じないようで、「動いている」ということで片づけてしまうようです。大人はずーっと見とれているのですが、子どもの観点は違うみたいです。それでもフォルムの美しさとかはきっと彼らのどこかにインプットされていることでしょう。
今回、そんな子どもたちに人気だったのは、1番目は青野ダムの「水の木」というか、水そのもの、2番目はフィナーレのイベントが行われている田んぼの横にいたカマキリちゃんの産卵シーン、3番目は田んぼでの稲刈りとそれが終わってからもらったおやつ、4番目は参加賞のようにみんながもらえた風車、5番目は帰りにもらったポン菓子ってとこでしょうか。何かもらってばかりで恐縮キョーシュクなのでありました。
新宮さんの作品は実はあちこちにあります。関空の天井につられている空調の風でゆったりと動いているオブジェや東京のルイ・ヴィトンのビルのにもあったりします。風で動いているオブジェをみかけたら、ひょっとすると新宮さんの作品かも知れませんよ。

110925-01.jpg 110925-02.jpg 110925-03.jpg 110925-04.jpg 110925-05.jpg 110925-06.jpg 110925-07.jpg 110925-08.jpg 110925-09.jpg 110925-10.jpg 110925-11.jpg 110925-12.jpg 110925-13.jpg 110925-14.jpg 110925-15.jpg

tanbo-01.jpg tanbo-02.jpg tanbo-03.jpg tanbo-04.jpg tanbo-05.jpg tanbo-06.jpg tanbo-07.jpg tanbo-08.jpg tanbo-09.jpg tanbo-10.jpg tanbo-11.jpg tanbo-12.jpg tanbo-13.jpg tanbo-14.jpg
posted by フーチン at 22:14| アートでござ〜る

2011年05月29日

国芳でござ〜る! 鉄ちゃんでござ〜る!

 今年度最初のアートでござ〜るは、大阪市立美術館で行われている「歌川国芳〜幕末の奇才浮世絵師」を見に行きました。まずは電車で天王寺へ、大雨警報のどしゃぶりの中を歩いて美術館に到着。こんなに天気が悪かったら来る人も少ないだろうという予想はみごとにはずれ、会場は人ひとヒトなのでありました。人の多い最初の部屋はパスしてまず第二会場に向かいました。ここには江戸末期の子どもたちの様子や旅風景、それにしゃれっ気の利いた作品が並んでいたので、子どもたちも興味津津で観ておりました。それにしても、デザインや色遣い、そして何よりユニークな発想はとても面白かったです。
 予定ではこの後はとなりの天王寺動物園に行くことのしていたのですが、雨風とても強いので建物の中で観られる「交通博物館」に行くことにしました。昔の蒸気機関車からリニアモーターカーまでとにかく電車好きにはたまらない施設なので、男の子のどこかに眠っている「鉄ちゃん魂」がむくむくと頭をもたげたようした。鉄ちゃんだけではなく、すっごく広いジオラマの中を鉄道模型が走る展示ブースでは大人も子どももみんな大興奮、拍手喝さいなのでありました。「雨が降ってよかった」といっていた子どももいたくらい、みんな楽しんでくれたようです。
 さてと次はどんな展覧会に行こうかな?


110529-01.jpg 110529-02.jpg 110529-03.jpg 110529-04.jpg 110529-05.jpg 110529-06.jpg
posted by フーチン at 18:00| アートでござ〜る

2010年11月03日

おっ!すげぇっ!

近江八幡旧市街に点在するアートの会場をグループごとに回りました。どれもスゴイ作品で、一体作者の頭の中はどうなっているんでしょうか?

20101103-125540.jpg 20101103-130311.jpg

20101103-145215.jpg 20101103-141340.jpg
posted by フーチン at 15:34| アートでござ〜る

すげぇー

101103_1304~01.jpg
ばっかり言ってはります。
写真とってます。
posted by フーチン at 13:09| アートでござ〜る

お弁当タイム

八幡堀でお昼ごはん
posted by フーチン at 12:34| アートでござ〜る

やっとこさ着きました〜

playschool-2010-11-03T12_25_11-1.jpg
まずは腹ごしらえ
posted by フーチン at 12:25| アートでござ〜る

バスに乗り換えて

予定より遅れて近江八幡に着きました。これから少しだけバスに乗ります。
posted by フーチン at 11:41| アートでござ〜る

あららぁ

たたいまJR 山科駅です。前を走ってい電車がトラブったみたいで、足止めくらってます。
近江八幡までたどり着けるのか?
posted by フーチン at 10:34| アートでござ〜る

近江八幡まて行くのだ!

今日はアートでござ〜るで「びわこビエンナーレ」を観に近江八幡まてお出かけです。
電車の中はお菓子宴会状態です。
posted by フーチン at 10:27| アートでござ〜る