2013年12月26日

くるくるアイススケート

そんなわけで、今年もアイススケートに行ってきました。初めての子どもたちも滑れるようになっていたし、楽しい時間を過ごせました。シーズンに2回くらい行けたら、もっとうまくなるんだけどなぁ…みんなお疲れさまでした。また行こうね!

131226-01.jpg 131226-02.jpg 131226-03.jpg 131226-04.jpg 131226-05.jpg 131226-06.jpg 131226-07.jpg 131226-08.jpg 131226-09.jpg 131226-10.jpg 131226-11.jpg
posted by フーチン at 00:00| ワンダーキッズ

2013年07月28日

のんびりパラダイス

そんなわけで、誰もいない木津川の河原で生き物探しや水遊び、泥遊びを満喫した一日でありました。やっぱりここはパラダイスや!゜

130728-01.jpg 130728-02.jpg 130728-03.jpg 130728-04.jpg 130728-05.jpg 130728-06.jpg 130728-07.jpg 130728-08.jpg 130728-09.jpg 130728-10.jpg 130728-11.jpg
posted by フーチン at 18:21| ワンダーキッズ

2013年04月14日

少し遅れます

電車を一本乗り過ごしたので、新田辺38分着の電車で帰ります。
少しだけ遅れますが、お迎えよろしくお願いします。
posted by フーチン at 16:13| ワンダーキッズ

清水寺ゴ〜ル!

清水寺つきましたー!観光客もたくさんです。
三年坂でウロウロしながら京阪五条に向かいます。

IMG_6261.jpg
posted by フーチン at 16:12| ワンダーキッズ

清水山山頂到着!

清水山山頂につきました。最後の登りが険しかったのですが、まあ子供たちは余裕…かな?

ゴールの清水寺まであともうちょっと!

IMG_1791.jpg
posted by フーチン at 16:09| ワンダーキッズ

お弁当タイム

人混みをすりぬけて、稲荷山山頂へ!
ずっと鳥居を数えていた子によると、3781本あったそう。

今はお昼ご飯をたべてます。まだまだみんな元気!

IMG_7069.jpg   IMG_5161.jpg
posted by フーチン at 11:53| ワンダーキッズ

稲荷山コンコンハイク

稲荷山コンコンハイクがスタートしました!快晴で絶好のハイキング日和です。

無事に登れますよう祈願して…しゅっぱーつ!!

IMG_9186.jpg  IMG_4477.jpg
posted by フーチン at 11:50| ワンダーキッズ

2013年02月11日

たっぷり、やっぱり「雪遊び」

そんなわけで毎年子どもたちが楽しみにしてくれているワンダーキッズ「雪遊び」に行ってきたのであります。今年も琵琶湖の北にある「ウッディパル余呉」におじゃましたのですが、一週間ほど前の立春の頃のあの春のような陽気で、一時は積雪5センチ、スキー場は閉鎖という状況になってしまい、このまま中止になどなろうものなら、子どもたちからどのような罵詈雑言をあびせ倒されるかわからんという、それはそれはリーダーたちは胃痛と睡眠不足とストレスからの過食、さらには脱毛に苦しめられたのでありました。しかし子どもたちの思いが神様に届いたのか、みごとに前々日からの冷え込みで40センチほどの雪が積もり、無事、雪原の上に子どもたちの笑顔が広がったのでありました。あぁよかった!ホントに…
真っ白な雪の原っぱに子どもたちのテンションは上がりまくり、やたらとリーダーに雪玉を投げつけるもの、かき氷のごとく食べ始めるもの、ひたすらソリに興じるものなどなど思い思いに遊び始めるのですが、そんな中なぜか一番人気なのが「かまくら作り」なのであります。とうぜん子どもだけで作れるわけもなく、パワフルなリーダーをうまく巻き込むことのできるグループが最後の完成までこぎつけるのですが、それでも途中で挫折するグループの子どもたちもそれなりに楽しそうなのであります。雪を積み上げて、その山の中を掘るというかなりの重労働にも関わらず、どうして子どもたちをしてかまくら作り駆り立てるのか、実に不思議なのであります。巣を作りたいからなのか、狭いところに入りたいからなのか、それとも雪国=かまくらという刷り込みがあるのか、とにかくそんな根気があるんだったら、それを勉学に振り向けた方が良いのではないかと思ってしまうくらい頑張っちゃうのであります。フシギ…
とにもかくにも、たっぷりの雪の中、ひたすらに遊び倒した雪遊びなのでありました。

130211-01.jpg 130211-02.jpg 130211-03.jpg 130211-04.jpg 130211-05.jpg 130211-06.jpg 130211-07.jpg 130211-08.jpg 130211-09.jpg 130211-10.jpg 130211-11.jpg



posted by フーチン at 18:00| ワンダーキッズ

2013年02月08日

雪降りましたぁ〜っ!

2月11日(祝)に予定している「奥びわこ雪遊び」は予定通り実施します。
というのも、立春のころのあの春のようなぽかぽか陽気で利用する「ウッディパル余呉」の雪がみるみる溶けてしまい、昨日はついに5センチしか残っていなかったのです。このままではよそのスキー場に行くか、それとも中止かとフーチンは昨日いちにち、胃潰瘍ができるのではないかというくらい悩みまくっていたのですが、子どもたちの思いが天に通じたのでしょうか、昨夜から雪が降り今朝はみごと30センチほどの雪が積もりました。まだ明日あさっても雪マークがついているので、もう少し雪もあることでしょう!

さぁ、みなのもの、雪遊びの用意をぬかるでないぞ!
posted by フーチン at 14:48| ワンダーキッズ

2013年01月13日

ワンダーキッズ「さむさむハイク」

新年最初のワンダーキッズは、プレイスクールから歩いて行ける「交野山」までのハイキングでした。11人参加のうち4名が1年生という何だかこまかい感じのメンバーでしたが、みんなよく頑張って歩いてくれました。
プレイスクールから野外活動センターを通って、第3、第4鉄塔と歩き、道路をわたって赤白鉄塔の第5まで進みます。ここからいつもの甘南備山は左手の尾根に出るのですが、今回は枚方、氷室方面へと右に下っていきます。しかしここで新307号線ができていて少し道に迷ってしまいました。とはいってもだいたいの方向はわかっているので、どの道で下るかという程度の問題なのですが、「ありゃ?どっちやろ…」と困っているボクに子どもかひとこと「まぁハイキングってこんなもんちゃうの」う〜んよくわかってるねぇ、道を探しながら歩くのがハイキングだよね!
そんなわけで氷室台から尊延寺に下って穂谷へ。三ノ宮神社の公園でジュースを飲んで、ブランコで遊んでから、いざ枚方野外活動センターに登る坂道にかかります。急な坂を歩いてキャンプ場に入り、ここを通って白旗池に向かいます。この坂道を歩いているときにも、ある女の子が「あっ、ここ幼稚園のときに来たことある!」とカミングアウト(?)、子どもって場所の名称じゃなくて、ここっていうピンポイントの場所で記憶しているんですね。
白旗池では池の堤防に座ってお弁当タイム。でも食べ終わった子どもはじっとなんかしていられません。堤防の下におりてケッタが始まったのでした。池にはいきものふれあいの里という自然観察のためのセンターがあるのです。ケッタのあとにみんなでお邪魔して、バードウォッチングの望遠鏡で池に遊ぶオシドリを見せてもらいました。もっとも子どもがいちばん喜んでいたのは、自然がモチーフの手作りジグソーパズル! 
さてここから目的の交野山まではすぐです。とはいっても急な坂を登らなければなりませんが、子どもたちは階段の数を数えながら登り、みごとに見晴らしのよい頂に到着しました。残念ながら少しガスってしまっていたのですが、それでも大阪や八幡、松井山手あたりはしっかりと見渡すことができました。実のこの景色、頂上にあるでっかい岩の上から見るのですが、岩のはしっこはガケになっていてちょっと怖いのです。子どもも「うわっここから先はいけへん!」と座り込んでいる子もいるほどでした。
山から下って、足もとがチョー滑る道を下って、源氏の滝まで歩きます。以前は水遊びもできた源氏の滝はフェンスがはられて入れないようになっていました。なんかちょっと残念でした。
源氏の滝からJR津田までは15分ほど、でもここにも第二京阪ができていて風景が一変、ケータイのマップで確認しながら歩きます。途中まで歩いたら場所を思い出しましたが、道路や建物をたよりに記憶していると浦島太郎になりそうですね。
津田駅についたら、子どもたちのお楽しみコンビニお買い物ツアーです。自分で選んだおやつを食べながら電車に乗って、解散時間の夕方4時に無事に松井山手駅に到着しました。
みんなお疲れさまでした。きっと足が痛くなってると思うけど、キミたちはすぐに治ります。リーダーたちはひょっとするとあさってくらいにいたくなるかも知れません。う〜む、こわい…


130113-01.jpg 130113-02.jpg 130113-03.jpg 130113-04.jpg 130113-05.jpg 130113-06.jpg 130113-07.jpg 130113-08.jpg 130113-09.jpg 130113-10.jpg 130113-11.jpg 130113-12.jpg 130113-13.jpg 130113-14.jpg 130113-15.jpg 130113-16.jpg 130113-17.jpg
posted by フーチン at 17:35| ワンダーキッズ

2012年12月25日

かなり回りました!

ここ数日、フィギュアスケートの全日本選手権があり、大輔くんや羽生くん、まおちゃんなどがくるくるピョンピョン滑っていたりするのをテレビで見ていたものだから、自分もそんなことができるのではないかなどという気分でリンクに立つや、頭の中と現実はこうも違うのかという「リアル」のきびしさをひしひしと感じるわけであります。
初めてスケート靴をはく子どもも何人かいて、しばらくはリンク回りの手すりの掃除をしてもらうことになるわけですが、それでもいつも帰る頃にはかなり滑れるようになっているのはさすがです。たぶん転ぶことをこわがっていないのが、上達する一番の理由なような気がします。今シーズンにあと2回くらい行ければ、きっともっと上手くなるんでしょうね。みんなお疲れ様でした。お風呂に入ってしっかりマッサージしといてね…そんなことが必要なのはフーチンだけやって!確かにその通り、今年はいつもより多く回っておりましたので!

121225-01.jpg 121225-02.jpg 121225-03.jpg 121225-04.jpg 121225-05.jpg 121225-06.jpg 121225-07.jpg 121225-08.jpg 121225-09.jpg 121225-10.jpg 121225-11.jpg
posted by フーチン at 17:12| ワンダーキッズ

2012年10月08日

いいお天気!サイクリング日和!

今年も恒例の「嵐山サイクリング」を行いました。例年よりも少し早目の実施となりましたが、三連休で参加できなかった子どももいたのか、11名だけの少数精鋭、考えようによってはちょうど安全に走れる人数ともいえるのでありました。
朝8時に赤い橋あらため関屋橋に集まった子どもたちはやる気満々、走る気マンマンであります。まぁまぁ50メートル走じゃなくてこれから往復60キロ近くも走らなければならないのだから、スローリー!スローリー!とまるで前に前にいきたがる差し馬をながめるがごとくゆっくりとしたペースでスタートしたのでありました。
まず最初は約4キロほど走って流れ橋「上津屋橋」でいっぷく、今年もまた先日の台風の影響で橋が流れてしまっているではありませんか。何か毎年この時期には橋がないような気がするんですけど…調べたら今年の4月27日に開通したばかりらしいです。また改修にウン千万円もかかるんでしょうね。
すでにこの段階で遠いといってた子どももいたりしましたが、そんな声は無視して次に向けて出発。お次は三川合流まで走りました。御幸橋を渡って桂川に入ったところで休憩です。ここから先はサイクリングやランナー、車いすマラソンの練習などとにかく往来が増えていきます。再度子どもたちに注意!おっちゃんたちが乗ってるピカピカの自転車は、高いのはひゃく万円くらいするのもあるから、ゼッタイにふらふら走らないように!もしぶつかったりしたら、一生お年玉なくなるぞ!とキツク戒めておきました。
そんなこんなしながら子どもたちは北上を続け、嵐山東公園には11時半前にはついていました。人数が少ないと行動が早いなぁ!お弁当を食べてから、せっかくなので嵐山観光に出発、すると結婚写真をとっているところに出会ったり、三連休それなりの人出の渡月橋を見たりしました。昔は川の向こうにあるジャニーズショップで買い物するためにサイクリングに参加していた女子もいましたが、さすがにいまのご時世ではそんなこともなくなりましたね。
1時半まえに嵐山を出発した子どもたちは、西日の中をひたすらペダルをこいで走ります。久我橋で1台がパンク!ワゴンでピックアップして修理して、御幸橋からまた合流できました。羽束師大橋ではジュースとおやつを食べてパワーアップした子どもたちは、最後の木津川に入ってひた走ります。流れ橋ではすごいことになってしまっている橋を探検してからゴールの関屋橋へ。それにしても流れ橋にたむろっいるおっちゃんたちは、いったい何のためにあそこにいるんでしょうねぇ?
そんなこんなで無事に全員ゴールまで完走できました。往復60キロ、みんなよく頑張って走りました!お疲れちゃんでした!また来年遊びにいきましょう!

121008-01.jpg 121008-02.jpg 121008-03.jpg 121008-04.jpg 121008-05.jpg 121008-06.jpg 121008-07.jpg 121008-08.jpg 121008-09.jpg 121008-10.jpg 121008-11.jpg 121008-12.jpg 121008-13.jpg 121008-14.jpg 121008-15.jpg 121008-16.jpg 121008-17.jpg 121008-18.jpg 121008-19.jpg 121008-20.jpg

posted by フーチン at 20:00| ワンダーキッズ

2012年09月16日

南山城No1ハイク



アウトドアを楽しむ「ワンダーキッズ」、今回は宇治田原と和束町の間にそびえる鷲峰山までハイキングに出かけました。実はこの鷲峰山、標高682mでこの地域の最高峰なのであります。大きな台風の影響か、風が吹いてくれていたのが歩いていて心地よく感じられる一日でした。
鷲峰山に鎮座する金胎寺は、役小角(役行者・えんのぎょうじゃ)によって開かれたとされる山岳修行の寺です。境内というか敷地内の山には修験道の行場があり、今回子どもたちも下山する方向だけこのルートを使いました。登りの方には鎖場があったり岩壁を登ったりしなければならない難所があるとのことですが、下りは注意していれば安全に歩くことができます。
和束町に下って行くと原山の集落手前で視界が開け、あたり一面のお茶畑が広がります。子どもたちもこれ全部がお茶なのかとビックリしていました。山肌にうねうねと緑のラインが描かれる景色はなかなかいいものです。後はひたすら下って原山バス停へ、今回はここからワゴン車で帰ってきました。
結構な距離を歩いたのに子どもたちは元気でした。帰り道に立ち寄ったコンビニではまったりとおやつタイム、少人数だからできるぜいたくな時間を楽しみました。さて京田辺に帰ろうとワゴンを走らせ、ふと後部座席をみると…さっきまで騒いでいた子どもがすでに爆睡! やっぱりお疲れだったんですねぇ!

120916-01.jpg 120916-02.jpg 120916-03.jpg 120916-04.jpg 120916-05.jpg 120916-06.jpg 120916-07.jpg 120916-08.jpg 120916-09.jpg 120916-10.jpg 120916-11.jpg
posted by フーチン at 20:00| ワンダーキッズ

2012年02月12日

たっぷりいっぱい雪遊び!

今年も琵琶湖の北にある余呉まで雪遊びに行ってきました。ここしばらくの寒波のおかげ(?)で、雪はたっぷりあって、子どもたちは真っ白な雪の世界を楽しんでくれていました。ただ今年は利用施設の主催行事と重なってしまったため、去年お昼から楽しんだスキー場でのソリ滑りはできませんでした。残念! でも1m50cm以上も雪があればもう十分、雪合戦にソリ遊び、かまくら作りをしている子どもたち、ひたすら穴を掘っている子どもたち、でもなぜ大量の雪の中にいると穴を掘りたくなってしまうんでしょうね? 動物としての巣作りの本能のなのか、胎内回帰なのか…とにもかくにも、子どもたちが入るまでは美しい雪原はあちらこちら穴だらけ、いたるところに雪だるまがたち、雪の山やかまくらが…ついさっきまでながらかな美しい曲線だった雪の原っぱはすごい状態になってしまっていたのでした。まるでプレイスクールの活動が終わっ後の砂場のように!
ひたすら遊んでお腹が減ったら、ウッディパル特製のカレーライスに舌鼓を打ち、お昼からもまたまた雪遊びにGO! お昼からは少し雪も重くなってきましたが、それでもひたすら雪と戯れる子どもたちのなのでした。もう少し遊んでいたかったのですが、三時にはバスに乗ってお帰りです。帰りのバスは…当然ビデオにくぎ付けの子どもたち、あっという間に到着です。真っ白な雪と遊びに遊んだ一日でした。

120212-01.jpg 120212-02.jpg 120212-03.jpg 120212-04.jpg 120212-05.jpg 120212-06.jpg 120212-07.jpg 120212-08.jpg 120212-09.jpg 120212-10.jpg 120212-11.jpg 120212-12.jpg 120212-13.jpg 120212-14.jpg 120212-15.jpg 120212-16.jpg 120212-17.jpg 120212-18.jpg 120212-19.jpg 120212-20.jpg




posted by フーチン at 18:00| ワンダーキッズ

2011年12月26日

くるくるぐるぐるアイススケート

毎年恒例のアイススケート、今年もびわこアリーナまで貸し切りバスでビュンと行ってきました。比良山系辺り雪雲がかかり、アリーナ辺りも一時は吹雪いているようなお天気でしたが、いやいやスケートリンクの方がもっと寒いのです。だって氷なんですから!滑っているうちはいいんですよ。汗かくくらいですから。でもすぐに体も冷えて、そりゃ寒いの何の!仕方なく滑って体を温めるのの繰り返し。いやぁ今年は例年以上に滑ってしまいました。
しかし子どもの上達具合はホントにスゴい!初めてのスケート靴を履いた子どもも、最初はリンクの手すりのお掃除をしているものの、すぐに歩けるようになり、そのうちに滑ってますから!きっと転ぶのを怖がってないからだと思うのですが、帰る頃にはガンガン滑れるようになっています。チャレンジすることって大切ですよねぇ!
今年は他の子どもの団体もいなかったので、一日空いたリンクで、思いっきりスケートを楽しむことが出来ました。リンクの真ん中では、明日のマオちゃんを目指して練習する女の子たちが跳んだり回ったり、そりゃスゴいことになっておりました。生ビールマンスピンには感動いたしました。
みんなお疲れさまでした。来年までにビールマンの練習をすべし!

111226-01.jpg 111226-02.jpg 111226-03.jpg 111226-04.jpg 111226-05.jpg 111226-06.jpg 111226-07.jpg 111226-08.jpg 111226-09.jpg 111226-10.jpg 111226-11.jpg 111226-12.jpg 111226-13.jpg 111226-14.jpg
posted by フーチン at 20:00| ワンダーキッズ

2011年10月23日

自分で自分をほめてもいいっしょ!

 少数精鋭13名での嵐山サイクリング、人数が少ないとみんなしっかりルールも守ってくれるようで、今回はマナー良く走ることができました。それでも毎年何人かは転んだり、衝突したり、車止め柵に激突したりしていましたが、怪我もなく何とか無事に帰ってくるとができて一安心。
 途中で降り出した雨も南下するに従ってやんでくれて良かったです。帰り路から見る嵐山は雨でかすんでいたので、ゆっくり遊んでいたらずぶ濡れになっていたところでした。自転車で走っているときの雨ってなすすべなく濡れちゃいますからね。
 紅葉シーズンにはまだ早く、前日が雨だったということもあってか、この日のサイクリングロードは比較的すいていて快適でした。そのかわり伴走のワゴン車は淀あたりで菊花賞渋滞につかまったりして大変やったけど…。
 往復60キロ、みんな本当によく頑張りました。「人生で、こんなに長い距離を自転車のったん初めてやわ」とはある女の子のお言葉。確かにその通り、キミたちはすごいことをしたんだよ! お疲れさまでした。

111023-01.jpg 111023-02.jpg 111023-03.jpg 111023-04.jpg 111023-05.jpg 111023-06.jpg 111023-07.jpg 111023-08.jpg 111023-09.jpg 111023-10.jpg 111023-11.jpg 111023-12.jpg 111023-13.jpg 111023-14.jpg 111023-15.jpg 111023-16.jpg 111023-17.jpg 111023-18.jpg 111023-19.jpg 111023-20.jpg 111023-21.jpg 111023-22.jpg 111023-23.jpg 111023-24.jpg
posted by フーチン at 18:00| ワンダーキッズ

2011年04月29日

頂上は気持ちよかったぜ!

 アウトドアを楽しんじゃうワンダーキッズの一回目は、プレイスクールからてくてく歩いて行けるお山、交野山までハイキングであります。いつもの道を森へ、123鉄塔を越えて4鉄塔、ここから氷室に向かって歩きます。いちど住宅地に出てから再び山道へ。枚方市野外活動センターへの登り道はとにかく心臓破りの急坂です。さすがに子どもたちもこのあたりでは無言…
 野外活動センターを通り抜けて、白旗池に到着! ここには自然観察センターもあったりします。お待ちかねのお弁当タイムにしましたが、何とハイカーの多いこと! おばちゃんたちの団体がお弁当食べて、おやつのあめちゃんを配っているところに、プレイスクールの子どもも手を出したら…さすが大阪のおばちゃん、気前よくみんなのもあめちゃんのおすそわけをいただきました。しかも一袋も! 太っ腹やなぁ!
 ご飯を食べてから最後のひと登りで、目指す交野山頂上に到着! ここにはなぜか山の上にでっかい岩がごろごろしているのであります。遠くには大阪市街も見渡せるのでありました。
 ここからの下り坂は足元に注意! とにかくよく滑って転んでしまうのです。どどっと下って源氏の滝へ。いつもはここで水遊びしてから帰るのですが、落石事故があったとかでフェンスが作られていて滝には近づけませんでした。でもそのすぐ下流で水遊びしましたけど。津田駅までは住宅地を通って歩きます。第二京阪ができてこのあたりの風景も様変わりしてしまいました。駅に着いたら、おまちかねコンビニおやつタイムです。
 そんなこんなしながら、電車で松井山手駅へ。お天気も良かったし、風もさわやかだったし、ほんとにアウトドア日和ないちにちでした。

110429-01.jpg 110429-02.jpg 110429-03.jpg 110429-04.jpg 110429-05.jpg 110429-06.jpg 110429-07.jpg 110429-08.jpg 110429-09.jpg 110429-10.jpg 110429-11.jpg 110429-12.jpg 110429-13.jpg 110429-14.jpg
posted by フーチン at 18:00| ワンダーキッズ

2010年12月23日

ディス・イズ・ザ・草野球!

♪雲は湧き 光あふれて
  天高く 純白の玉今日ぞ飛ぶ
   若人よいざ 
 まなじりは 歓呼にこたえ
  いさぎよし ほほえむ希望

  ああ栄冠は君に輝く

選抜野球大会のテーマ曲にのって、子どもたちの堂々の入場であります。プラカードを先頭に京田辺市田辺公園野球場を歩く子どもたちには、でこぼこのグランドをしてすでに芝生輝く甲子園球場を行進している気持ちになっているに違いありません。
いよいよプレイボール。しかしここに至って清く正しい草野球の真髄を観るようなプレーが続出! セカンドゴロがランニングホームランになるわ、ピッチャーゴロすらアウトをとるのは困難を極め、このままの調子で行くと日没再試合は確実と思われましたが、いかんせん球場を借りているのは2時間だけという制約に救われて、無事にゲームセットとなったのでありました。実況はドラきち、解説はとーるさん、うぐいす嬢はぜんぜんという強力なサポートもあり、欽ちゃん引退ののちはプレイスクールのベースボールが爆笑野球の道を引き継ぐのは確実と思われます。かなり面白かったので、たぶんこの企画は定期的に、さらにはナイターや大人だけの野球大会も面白いのでないかという将来に明るい希望をもたらした一日でありました。

101223-101.jpg 101223-102.jpg 101223-103.jpg 101223-104.jpg 101223-105.jpg 101223-106.jpg 101223-107.jpg 101223-108.jpg 101223-109.jpg 101223-110.jpg 101223-111.jpg 101223-112.jpg 101223-113.jpg 101223-114.jpg 101223-115.jpg
posted by フーチン at 19:48| ワンダーキッズ

ボルダリング・アゲイン!

前回、子どもたちの大好評だったフリークライミングの第二弾に行ってきました。今回もお世話になったのは京都駅南にあるクライミングジム「クラックス」さん、抜群の技術と親切な指導で子どもたちはがんがん壁にへばりついていたのでありました。しかしこの地味なスポーツ、上級者ともなるとまるで重力から解放されたかのように壁をはいまわるのです。たぶんいつも来ているのでしょう、5年生くらいの男の子もすごい難しいところをすたすたと登って行くのにはビックリ! それにひきかえ、プレイスクールの子どもの中には少しだけ挑戦してあとはジムの片隅に置いてあるマンガを読みふけっているいう始末。まぁこの競技、体力的な問題もあるものの最後は集中力と負けん気って感じがします。くそ〜っ、もうちょっとやのにぃぃっ! きっとこれがうまくなる一番の要因かな。

101223-01.jpg 101223-02.jpg 101223-03.jpg 101223-04.jpg 101223-05.jpg 101223-06.jpg 101223-07.jpg 101223-08.jpg 101223-09.jpg 101223-10.jpg 101223-11.jpg 101223-12.jpg 101223-13.jpg 101223-14.jpg 101223-15.jpg 101223-16.jpg 101223-17.jpg
posted by フーチン at 19:47| ワンダーキッズ

2010年11月23日

フリークライミングに挑戦!

 今年度から始まったワンダーキッズ。第3弾は『フリークライミングに挑戦!』と題してボルダリングに挑戦してきました。
 ボルダリングとはおおよそ5mまでの高さの岩や石をロープなしで登るスポーツで、今回はホールドという持ち手が付いているクライミング専用の壁があるジムにお願いして、10人限定で行ってきました。10人の定員に対して、あっという間に17人の申し込みがあり、残念ながら7人の子どもたちにごめんなさいをさせてもらいました。また近いうちにぜひ改めて行きたいと計画しているので、7人の子どもたち、もうしばらくお待ちを。

 さて、当日は朝9時に新田辺に集合して、そこから近鉄電車で京都駅へ。ジムは京都駅から徒歩10分という便利な場所。子どもたちも元気いっぱい、モチベーションもテンションも高く、ボルダリングスタートです。
 最初にジムのスタッフのお兄さんがデモンストレーションを見せてくれたのですが、これがまたすごい。子どもたちもそれを見て刺激を受けたのか、どんどんと新たな壁に挑戦していきます。壁の傾斜も80°から150°くらいまで様々で、ホールドという手で持ったり足を掛けたりするための取っ掛かりにも、大きなもの、小さなもの、持ちやすいもの、到底持てないもの、などなど多くの種類があります。何回挑戦しても超えられなかった壁が、つかむホールドを一つとなりにかえるだけで案外楽に超えられたりということもあったりと、子どもたちにとっても奥が深くて面白いと感じてくれたのではないでしょうか。 「もう全然握力がない!」と子どもたちでも言うほど指や腕、肩などの筋肉を使うのですが、12時半に終了するまでみっちり2時間半ほど、子どもたちは休憩するのも忘れてずっと挑戦。12時半で終わると言ったときには「もっとやりたい!」とみんな言うほどのハマりようで、よほど楽しかったのでしょう。

 ジムのスタッフの方々にお礼を言ってから、再び京都駅へ。そして素晴らしい人ごみの京都駅大階段のクリスマスツリーの前でお弁当を食べて、お昼からは伏見桃山城公園へ行きました。なぜここに来たのかって? それは、ズバリ!石垣を登って桃山城に攻め入るためなのです! というのは冗談で、小さいですがここにはアスレチックのような遊具があり、あわよくば?石垣をのぼってみようという魂胆があったからなのです!
 さて桃山城公園に行ってみると、一般の利用者の方や家族連れの方も多くてそんなに自由には遊べなかったのですが(そりゃそうですね!)、それでも最後にほんの少しだけ石垣にものぼったりして、午前中のボルダリング挑戦の成果が出たかな。
 桃山城公園から丹波橋まで歩いてから最後は近鉄で新田辺駅まで戻ってきて、今回のワンダーキッズは終了。興味があっても実際にはなかなか体験できないクライミングという世界。今回の挑戦で、少しでも子どもたちの世界が広がってくれたら本当にうれしく思います。一つだけ気になることは、次の日子どもたちがどれだけ筋肉痛だったかということ。リーダーは当然次の日は筋肉痛でしたが(^^;)。

101123-01.jpg 101123-02.jpg 101123-03.jpg 101123-04.jpg 101123-05.jpg 101123-06.jpg 101123-07.jpg 101123-08.jpg 101123-09.jpg 101123-10.jpg 101123-11.jpg 101123-12.jpg 101123-13.jpg 101123-14.jpg 101123-15.jpg
posted by フーチン at 18:00| ワンダーキッズ