2009年03月26日

ドンタッチ!【1日目】

「どんタッチ!しまなみ海道」一日目。松井山手から尾道までは鈍行電車の旅、尾道からは自転車に乗り換えてひた走って来ました。
旅はいつでもトラブルと隣合わせ、今回もいろいろありました。相生駅で荷物の忘れ物をしたり、友だちの自転車と接触して怪我をしたりと、みなさんなかなかやってくれます。
尾道駅前の公園でお昼を食べてから自転車合わせ。予約したときには「春休みでイベントがあるので台数がそろわないかもしれない」うんぬんといわれていたのですが、駐輪場に行くとめっちゃいっぱいあるやんけ! 子どもたちはマウンテンを中心に自分の好きな自転車を選ぶことができました。ここから隣の島までは渡し船で渡ります。ここでは船がバス替わりなんですね。みんなフツーに乗ってはります。歩いている人、自転車の兄ちゃん、車…船も道路の一部くらいの感覚なのでしょう。
そして向島からいよいよサイクリングのスタートです。今日は強風というわけではありませんが、海からの風がふいていたため子どもたちは走るのに苦労していました。そしてここのサイクリングでたいへんなのが海沿いの道からしまなみ海道の橋に入るための上り坂、これがなかなかの曲者なのです!今日は2つの橋を渡りました。
実は引率のワゴン車と自転車の乗り口降り口が違うので、橋を走っている間はほとんどサポートできない状態です。島にインターチェンジがふたつあるところはいいのですが、ひとつしかないとやっかいです。車でインターを降りて一般道の本隊に合流して並走、自転車が次の橋の乗り口に入ったら車はまた先ほど降りたインターに引き返して有料道路に乗って次の島のインターで降りるといった具合です。
ゆっくりと走っていたこともあり宿のある生口島に入ると日も傾きだしました。子どもたちも疲れて「あと何分」「あとどのくらい」のあとあと攻撃が始まります。いやぁだからしなみなのマップとかあるんだから自分で見てくれりゃいいのに…などといのは彼らにとっては理屈にならないのであります。
そしてやっとのことで瀬戸田ゲストハウスに到着しました。実はここ、サンセットビーチという名称で夕陽夕日がきれいなところなのです。そんなところに夕陽のころに着くなんてできすぎ!? 荷物を置いて浜辺に出るとまっかな太陽が隣の島の山の端に沈んでいったのでありました。
宿の近くの浜に何やら見たことのあるような造形物が…あれっこれって新宮さんの作品と違うのか…そうです!そよかぜの七つの風見や風車棟の風車を作った新宮晋氏の「波の翼」という作品が海風に揺れていたのでした。何やらこの地にやってきたことへの深い「因縁」を感じてしまったのでありました。
DT0324-01.jpg DT0324-02.jpg DT0324-03.jpg DT0324-04.jpg DT0324-05.jpg DT0324-10.jpg DT0324-10.jpg DT0324-10.jpg DT0324-06.jpg DT0324-07.jpg DT0324-08.jpg DT0324-09.jpg DT0324-10.jpg DT0324-10.jpg DT0324-10.jpg
posted by フーチン at 13:20| ドンタッチ!しまなみ海道