2022年01月16日

今年はペンタ凧だ!

新年最初のカンガルーアクトは、毎年恒例の凧作りです。今年は五角形の凧を作りましたが、凧を反らせるところにひと工夫して、組立式の凧にしてみました。
またまた新型ウイルスが流行りだしたのと、作業スペースの関係で午前午後の分散活動にしました。ゆっくりとしたスペースでみなさん凧作りに励んでおられたました。凧のシートや骨、糸なども事前にキット化してあるので、シートに絵を描いて骨をつけたらできあがり…とまぁ言葉で書くと簡単ですが、それなりに細かい作業もあり苦戦させておられる姿もありました。世の中にかのゲイラカイトが登場してからというもの、凧は買うもの、ゼッタイにあがるものという誤解(?)がまん延していますが、自分で作った凧を工夫してあげることの方が楽しいような気がするの、へそ曲がりのボクだけなのでしょうか。
そんなわけで今回の凧も形は出来てもあげるためには知恵のいりそうな凧になってしまいました。尻尾の長さは?反り具合は?糸目の位置は?などなど工夫するところは盛りだくさん、さぁ後は大人のお遊びです。お父さん、お母さん頑張って下さいね!
出来た凧をもって坂下駐車場へ。子どもたちの凧あげは風なんて関係ありません。とにかく走る走る…きっと彼らは凧がなくても糸だけもって走っていても笑顔なのかも知れませんね。ひょっとするとそれが究極の凧あげかな。
それでは次回は木津川凧あげ会で広い河原の青空に凧をかかげることにしましょう!

220116-01.jpg 220116-02.jpg 220116-03.jpg 220116-04.jpg 220116-05.jpg 220116-06.jpg 220116-07.jpg 220116-08.jpg 220116-09.jpg 220116-10.jpg 220116-11.jpg 220116-12.jpg 220116-13.jpg
posted by フーチン at 17:33| カンガルーアクト