2019年02月10日

えっ?雪山やん!

南山城地方の頂、鷲峰山(じゅぶせん・681m)までちょっと遊びに行こうという気分で出かけたワンダーキッズ、ところがまるで雪山登山のようになったのでした。今回はめずらしく発明クラブの男の子4名が参加してくれ、白くて冷たい雪で遊びながら山歩きを楽しみました。
新田辺駅からバスで宇治田原町へ。維中前から歩き出しとたん河原にテンを発見するというサプライズから登山が始まったのでした。目の前はるか遠くにそびえる鷲峰山を目指して歩いていくと日陰の雪に子どもたちのテンション上がりまくり! 雪を集めては友だちに投げつけ、すでに手袋はびちゃびちゃ…雪をとりに草むらに入るとスニーカーもびちゃびちゃ…これがあとあとつらい思いをすることになるとは思いもしない子どもたちであります。
山道に分け入ると雪はますます多くなり、葉っぱにつもった雪を棒で叩き落しては頭から雪をかぶり、宇治田原町といえば化石が出るらしい、化石ないかなぁとむやみにガケの土をほじくり、ふとひらけた展望に気がついたらずいぶん高いところまで登ってきたねと感動しながら頂上を目指して歩きました。
ちょうどお昼ごろに金胎寺に到着、寒さに震えながら冷たいお弁当をパクつきました。寒いときはちょっとした温かいものがうれしいんですよね。保温できるポットにスープとか持っていくといいですよ。
鷲峰山の頂上からは遠くに草津あたりの街並みと琵琶湖が見えたような見えないような…もちろん子どもたちはそんな景色には興味はなく、雪遊びの結果として冷たさ寒さに早く山おりよう気もそぞろ。下りは湯屋谷方面に下ります。この道がひたすらにダダ下り! しかも雪がついているので子どもたちはスキー気分(?)で滑り転がりながら歩いていきます。
あっという間に湯屋谷の集落に到着、下ったところにある茶宗明神社は煎茶製造の技法を編み出したといわれる永谷宗明を祀った神社です。お茶漬けで有名な永谷園のご先祖さんでもあるとのこと。すってんころりん転がりながらも無事に下山できたことを報告してバス停を探して下りました。
工業団地入口のコンビニでおやつのお買い物をしてバス停に向かうと…ガ〜ン!予定していたバスが休日ダイヤでないではありませんか。時間もたっぷりあったので307号線を朝降りた維中前まで歩いたので、予定以上に長い距離を歩くことになった「てっぺんハイク」 子どもたちは明日になったら復活しているだろうけど、リーダーは…しばらく筋肉痛やなぁ!

190210-01.jpg 190210-02.jpg 190210-03.jpg 190210-04.jpg 190210-05.jpg 190210-06.jpg 190210-07.jpg 190210-08.jpg 190210-09.jpg 190210-10.jpg 190210-11.jpg 190210-12.jpg 190210-13.jpg 190210-14.jpg
posted by フーチン at 23:00| ワンダーキッズ