2018年08月11日

高学年キャンプも無事に終了!

180811-03.jpg

最終日も男の子の虫組さんは朝5時半から炊事場周りのチェックに余念がありません。一晩中電気がついているので、クワガタさんやカブトムシさんが集まってきてしまうのです。多分、虫さん本人の意志としてここに来たいとか思っているわけではなく、走光性とかっていう虫さんの悲しい性のなせる業であります。炊事場が終わるとトイレの近くの洗面所に回るというルーチンが出来てきました。それで結構ゲットしています。さらに炊事場は朝ご飯のために火をつけて煙が立ち上ると屋根にかくれていた虫さんがポタリぽたりと落ちてきたりもします。危険を察知して死んだマネをしたりするのも子どもたちの思う壺であります。でも人類の歴史上、子どもたちがずっと虫さんを取り続けてきても今のところ絶滅するとかいう話はないので、虫さんの圧倒的な数の優位なのか、それとも世の子どもの努力が足りないのかのどちらかでありましょう。
午前中はキャンプで汚れた体をきれいにしておうちに帰ろうという温泉ツアーです。今回は久美浜温泉に行きました。ここは広い露天風呂と源泉かけ流しという温泉愛好家にとってはたまらない温泉なのですが、まぁ烏の行水の子どもたちのことあっという間に終了であります。
キャンプ場に戻って最終日昼食は恒例の冷やしうどん、つるつるっと食べたら干しておいたテントの片付け、さらにリーダーたちは怒涛の備品整理と片付け、積込みでせっかくお風呂に入ったのにまた汗まみれです。
予定より遅れて午後2時、バスはキャンプ場を出発しました。途中バスの中で食べたおにぎりは、キャンプ場の管理人さんの差し入れの炊き立てご飯のおにぎりです。お米も自家製、お味噌も麹から作っておられるのだとか。子どもたちもパクついていました。
今日から連休が始まるので交通渋滞を心配しましたが、反対方向のせいかスムーズに走れ、30分も早く着いてしまいました。

今回の高学年キャンプは、ちょっとお天気にやられた感じもありましたが、そんな悪条件の中でもいろいろん経験が出来たのではないでしょうか。自分のこともグループのこともちゃんとできるようになっている高学年はやっぱりすごいなぁ。次はもっといろんなことにチャレンジしてもらうキャンプにしたいですね。とにもかくにもお疲れさまでした。



180811-01.jpg 180811-02.jpg 180811-04.jpg 180811-05.jpg 180811-06.jpg 180811-07.jpg
posted by フーチン at 18:37| その他