2021年04月11日

やっぱりヨモギは春の味!

 今年度最初のカンガルーアクトが初夏を思わせる陽気の中行われました。春からは以前のようにいちにちたっぷりと遊ぼうと思っていたのですが、またしてもコロナさんが大暴れしだしたため、やむなく午前午後に分けての活動となってしまいました。野草を摘みに出かけたり、天ぷらを揚げたり、ヨモギ餅をついたりいろいろとやりたかったのですが、規模を縮小してみたものの結局は時間オーバー、参加者のみなさんにはご迷惑をおかけしてしまいました。
 草摘みに出かけた池堤防は暑いくらいの陽気で、ヨモギやシャク、カラスノエンドウ、タンポポなどをゲットしました。でも新緑の中に身を置いているだけで気分もいいですね。タンポポの笛に挑戦しているお父さんお母さんの姿が、ベランダでシケモクを吸っている人のように見えて仕方がありませんでしたが…。
 プレイスクールに戻って野草のお掃除にてんぷらの準備、おひたしや酢味噌和えの用意など炎天下のもとでのパタパタがスタート! 事前に採っておいたクレソンやノカンゾウ、ノビルに筍など、さらには差し入れのサツマイモやウインナーなども登場し、思いのほかにぎやかなテーブルになりました。暑い中、天ぷらをあげてくださったお父さま方、お疲れさまでございました。最後はヨモギたっぷりのお団子で〆…こりゃどう考えてもカロリーオーバーなプログラムですね。
 時間との戦いとなった灼熱の天ぷら地獄…えっ? また来週もこれと同じことするの…ちょっとやり方考えようっと!

210411-01.jpg 210411-02.jpg 210411-03.jpg 210411-04.jpg 210411-05.jpg 210411-06.jpg 210411-07.jpg 210411-08.jpg 210411-09.jpg 210411-10.jpg 210411-11.jpg 210411-12.jpg 210411-13.jpg 210411-14.jpg 210411-15.jpg 210411-16.jpg 210411-17.jpg
posted by フーチン at 19:31| カンガルーアクト